新年のご挨拶

皆様、明けましておめでとうございます。
昨年中は大変お世話になりました。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

年末にクリスマス会や娘の引越しなとでバタバタしていた分、お正月はゆっくり過ごしています😀

亀戸神社へ参拝し、
皆様にバレエを楽しんで頂き、正しいバレエを指導できる様にと誓って参りました。

この誓いと共に、1年頑張って行きたいと思います。

コロナ禍の中、多少の規制も緩和され年末に久しぶりに友人と食事ができました。何年ぶりでしょう?

友人は私同様、ご自分のバレエ教室を持ち指導者として頑張っています。

久しぶりの再会でしたので話しは尽きずあっという間に時は経ってしまいました。

お互いのお教室の近況や悩みなど1人指導者あるあるで同じ悩みを共有したり、お互い励まし合ったり、また力をもらいました!

話題は、「生徒をどの様に導いていけるか」と「1万回の法則」がテーマとなりました。

「1万回の法則」知っている方も多いと思います。

1万回の法則とはある分野でスキルを磨き一流になり、成功するには1万時間の練習・努力・学習が必要である。という法則です。

簡単に計算すると週に4回2時間のレッスンをして1万時間に達するには26年掛かりますね。

一流のアスリートはもっと練習しているはずですからもっと早く一流になれるわけですね。

お教室の生徒で一流を目指す生徒は現在いません。

ですがどのタイミングかわかりませんがやってみたい!という気持ちに変化した時、時間が足りない!とはなりたくないですね。

指導者はその生徒のなりたい気持ちに応えられるに指導していくべきだと思います。

様々な情報も伝えてこのくらい必要だよ!とでも強制ではなく、自発的に気持ちが変化していければ強いですね。

1万回‥とてつもなく遠いけれど必ず届くこの数字‼️

まずはバレエが好きでブレない気持ち!ここが1番ですね。

指導者としてもこの1万回時間目指していきます。
私は今、指導者としてどのくらい経ったのかな?
後で計算してみようと思います😆

新年は1/6より始まります。
新たな気持ちで頑張りましょう!

関連記事

  1. 良い指導者とは

  2. 体験や体感を大事にするバレエレッスン

  3. 新浦安 バレエ教室 naomiバレエアート

    指導で大切にしていること 2022年版

  4. バレエのレッスンプランの大切さ

  5. 新年度のご挨拶

  6. 最近のレッスンで気づいたこと・新たな挑戦