認める・受け止めることで伸びる子供の能力

残暑、お見舞い申し上げます。

夏休みが終わり、子供たちは毎日暑い中、学校に登校していることと思います。

通常とは違う新しい生活にも少し慣れてきたでしょうか。

 

 

新浦安バレエ教室、naomiバレエアートでも、今年は、コロナ渦の中、舞台での発表会や勉強会の開催を見送ることにして、

保護者の皆様に子供たちの成長を参観していただくEXAM=課題発表会をスタジオでクラス毎に開催することにしました。

 

 

今週末の8/29にはジュニアAクラス(1.2年生クラス)が実施されます。

普段のレッスンから課題までを保護者の皆様に見て頂きます。

このEXAMは、発表会・勉強会が開催できない今年、ひとつの課題や目標をもって、何かに取り組むことの大切さや楽しさを

生徒に伝えたい!!という想いで企画しました。

私の狙い(笑)としてはいかに子供たちのモチベーションを上げ、目標に向かいチャレンジする気持ちを持ってもらうか!

そして終わったときの達成感や今後の活力を作り出すか!です。

 

一方で、このEXAM=課題発表会に対して、子供たちの反応は様々です。

子供たちの様子を見てみると、

・ナーバスになって、課題発表をちょっとプレッシャーに感じている子

・このEXAMをきっかけに、やる気満々、180度いやいや360度変化する子

・いつも通りにレッスンをしている子

EXAMの捉え方は本当に様々です。

 

私としては、それぞれに違う捉え方、生徒の性格やペースに合わせて、1つの課題・目標に向かってバレエに取り組むことの

大切さや楽しさを伝えられるよう試行錯誤しているところです。

 

今回のこのEXAMという経験が、生徒たちにどんな影響や変化を作るのか、今から終わったあとの生徒たちのお話を聴くのが

楽しみです!

 

そして、最近の指導の中で、どんな子であれ、どんな捉え方であれ、共通して言えることがあるなと気がつきました。

それは、

🌸安心している、受け入れてもらっている状態の中で、

人は本来の能力発揮するということです。

もうひとつは

🌸人に認められ承認されることは、どんなことでも嬉しいことですし、

励みややる気に繋がるということです。

 

ですので、

◆緊張したり、ナーバスになっている生徒には、まず、安心の場を作る

◆全ての生徒には、完璧でなくても、頑張っていること、うまくできたことを認めていく

ということをしています。

(もちろん、指導者として、指導することも、しっかりして行きますよ!)

 

そして、特に身近な人、親御さんや師匠・先生に認めてもらうことで、安心し、能力も発揮できるし、

子供たちの一番のパワーになるのではないかなと思うのです。

ついつい、子供を良くしようという想いから、ダメ出しやできていないことに目がいってしまったり、

心配しすぎてしまったりすることはよくあると思うのです。私にも経験がありよくわかります!

 

是非、これから、EXAMを見に来てくださる保護者の皆様にも、お子さんたちの頑張っている姿やよくできて

いることに注目して見てくださったら嬉しく思います。

そして、良く頑張っているね!素敵だったよ!そばで応援しているよ!と今のお子さんたちのありのままを受け

止めてくださったら、更に嬉しく思います。

どんな子供にも能力はあり、それを引き出すのは指導者とまわりの応援!!

指導の中で大切にしたいことの一つです。

新浦安 バレエ教室 naomiバレエアート

関連記事

  1. これからのバレエ教室のあり方について

  2. バレエの指導で大切にしていること

  3. 第1回 ジュニアAクラスEXAM(課題発表)を終えて

  4. バレエのレッスンプランの大切さ

  5. 体験や体感を大事にするバレエレッスン

  6. 2020/2/23 新浦安に左右木健一先生をお招きして、ワー…